スタッフブログのご紹介

Blog

2018.10.23

スタッフブログ

最高のサービスを目指して

22日、ホテルブエナビスタにおきまして、
11月に沖縄県で開催される「おきなわ技能五輪・アビリンピック2018」に
長野県代表選手として出場する3名の本番前合同公開練習が行われました。

同大会に出場するのはレストランサービス種目に、
ホテルブエナビスタからは神田蓮大(かんだれんた)21歳と、
メトロポリタン長野の池田梓紗(いけだあずさ)さん23歳、
アビリンピックの喫茶サービス種目に出場する
県養護学校朝陽教室の坂田舜介(さかたしゅんすけ)さん16歳の3名。

当ホテルの総支配人重山が長野県の依頼により
坂田選手に喫茶サービスの研修を行ったことがきっかけで、
県代表として出場する選手同士で技術を高め合い、
本番に向けて緊張感の中で演技を行う機会をつくろうと
今回の公開合同練習が実現いたしました。

合同練習会場に訪れた多くのメディアの取材のカメラや、
客役のホテルスタッフやギャラリーを前に本番さながらの課題に挑み、
全体のサービスの流れや技術はもちろん、表情、所作、身のこなしといった、
細かな部分に至るまで厳しいチェックが行われ、
本番前の課題と修正点をもう一度確認していました。

写真は課題のひとつ「クレープシュゼットのフランバージュ」。

※レストランサービス種目は、ディナーテーブルセッティング、 フラワーアレンジメント、 食前酒の作成と バーサービス、オードブルサービス、ワインのデカンタージュ、プーレのデクパージュ、クレープシュゼットのフランバージュの7種目から構成される総合技能競技です。

緊張しながらも余裕のある表情を見せながら
「納得のいく最高のパフォーマンスをしたい」と
意気込みを語るホテルブエナビスタ所属の神田ですが、
その持前の度胸で来月の本番では、
上位入賞を目指してがんばって!

引き続き皆様の応援よろしくお願いいたします!

12日、長野県選手団結団式の模様。

Pagetop